新所沢ぎぼ歯科クリニック|新所沢駅東口の目の前にある歯科 / 矯正歯科

〒359-0044 埼玉県所沢市松葉町2-22 矢島ビル2階

大人の矯正治療

大人の矯正治療とは?

永久歯が全て生えそろった時点(計28本)で大人の矯正治療が可能です。開始時期としては1番早くて12歳~14歳くらいには大人の矯正治療がスタート可能です。永久歯全てをコントロールし、見た目も機能的にも将来的に安定した咬み合わせを作っていきます。

大人の矯正治療の種類

➀表側矯正(ラビアル矯正)

従来から行われているワイヤー矯正の方法です。表側にブラケットというワイヤーを通す粒を歯につけていきます。その後ワイヤーを細いものから徐々に太いものへ変えていき、そのワイヤーの弾力の力で歯を並べていきます。昔は全て金属でしたが、今はブラケットや白いセラミックの材質のもの、またワイヤーが歯の色に近い白でコーティングしたものが新しく出てきており、目立たなく治療を進めていくこともできるようになっております。

メリット
治療費が抑えられる
とても歯のコントロールがしやすく、治療期間抑えられる
難しい歯並びでもうまく歯をコントロールできる
デメリット
表側なので、目立ちやすい(別途費用はかかりますが、ホワイトワイヤーだと少し目立ちにくくなります)
慣れるまでは頬や唇の粘膜が口内炎になることがある

②マウスピース矯正(インビザライン、アライナー)

最近の方法で、マウスピースを1~2週間に1回交換することによって歯を動かす方法です。特にインビザラインに関しては、症例によっては全てマウスピースのみで治療が終了してしまうものもあります。歯を効率的に動かすためにアタッチメントという小さな突起を歯につけたうえで、マウスピースを使ってもらいます(1日20時間~22時間は使用必須です)。とても目立ちにくく、歯ブラシも今まで通りできますので、しっかり毎日管理できる人であれば効率的な装置です。注意しなければならないので、抜歯するケースには不向きであること、細かいところに関してはワイヤーも併用していく必要があることです。

メリット
目立ちにくい、歯ブラシがしやすい、ワイヤー矯正に比べて違和感が少ない
裏側矯正よりも価格を抑えられる
デメリット
使用時間(1日20時間~22時間が必須)が厳密で、マウスピースを使わないと治らない
マウスピース単独で治らないところに関しては、ワイヤーも併用することがある
抜歯のケースに関しては不向きである
子供の矯正治療はこちら